コロナワクチン4回目接種について

更新日:6月16日

対象者は、『60歳以上』または、『18歳以上で基礎疾患のある方、重症化リスクの高い方』で、3回目からの接種間隔が、『5か月以上経過後』と」なっております。

60歳以上には随時接種券が届きますが、18~59歳は必要な手続きが各自治体ごとに異なることがあり、券の入手には事前申請が必要な場合もあり注意を要します。

基礎疾患と重症化リスクに関して不明な場合はご相談ください。


山形市の場合、接種券交付は

 6月下旬から60歳以上の方に対して、3回目接種完了から5か月経過後に合わせ、順次送付されることになっています。また、18歳から59歳までの基礎疾患を有する方には、基礎疾患の有無の確認と、接種券の取得のための事前申請のしかたなどはがきで通達予定です。


 また、基礎疾患とは?

慢性呼吸器の病気、慢性の心臓病、慢性の腎臓病、慢性の肝臓病(肝硬変を含む)、インスリンまたは経口薬治療中の糖尿病、血液疾患など、慢性疾患などが対象となります。

一言でいえば、定期的に通院して経口薬などの治療を定期的に受けていることが前提で、経口薬治療なしで観察中などは除外されるようです。

また、脂質異常症(高脂血症や高コレステロール血症)のみや、鉄欠乏性貧血だけでは対象になりません。重度肥満(BMI30以上)などは対象になることもありますので、おのおの確認、相談してみてください。

最新記事

すべて表示

先日、厚生労働省の屋外屋内でのマスク着用についての一つの指標(推奨)が発表されました。(詳しくは厚生労働省HP参照願います)『不織布マスクを着用すれば、マスクを通して吐いた息からはコロナウイルスは排出されない』、など、マスク着用の効果は感染対策に欠かすことのできないツールとなっているのは異論のないところです。厚生省の示した着用推奨(着用義務ではない)は、一つの目安(2m以上の目安など)として、早急

新型コロナワクチン予防接種対象人数の減少あり、山形市では、令和4年6月中の個別接種(クリニックなど対象)は一時的に中止予定となっております。 未接種の方への集団接種は接種場所を限定して接種の予定です。(期日未定) また、4回目の個別接種は、今後予定されています。(時期未定)